プロ野球の巨人とヤクルトは20日、東京都文京区や新宿区と連携し、街ぐるみの感染対策を推進するため「後楽園・神宮外苑における新型コロナウイルス地域対策協議会」を設立したと発表した。東京ドームをワクチン接種会場として、自治体に無償提供することも検討するという。

 協議会には、本拠地である東京ドーム、神宮球場の他、神宮外苑地区にある国立競技場や秩父宮ラグビー場なども参加する。

 JR東日本と東京メトロ、都営地下鉄の鉄道事業者と混雑情報を共有し、利用者に役立つ情報を提供する。また、東京医科歯科大や産業技術総合研究所などの助言を得て、感染リスクの低い人の流れを目指す。