鳥取県の平井伸治知事は20日の記者会見で、タレントのイモトアヤコさんが県内の東京五輪聖火リレーのランナーを辞退したことを巡り「県が辞退を求めた」としたのは虚偽だったと明らかにし、謝罪した。実際はイモトさん側から辞退の意向が示されたが、イモトさんの事務所の要望に応じて「説明を変えた」と述べた。

 平井知事は4月22日の会見でイモトさんの辞退を公表。理由についてイモトさん側にスケジュールの都合などを挙げた。だが、その後、県実行委は、県側から辞退を要請したと説明を訂正した。

 イモトさんの事務所は共同通信の取材に「回答は差し控える」とした。