自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会などは20日、党本部で会合を開いた。与野党の実務者協議で合意したLGBTなど性的少数者への理解増進を図る法案に関し議論したが、保守派から異論が相次ぎ、了承を先送りした。今国会での成立を目指し、週明けにも再度会合を開く方針だ。

 法案を巡っては、与野党の実務者が自民党作成の要綱を基に内容を調整。差別解消を明確に打ち出すよう求める立憲民主党に自民党が配慮し、法案の目的と基本理念の部分に「差別は許されない」との文言を追加して修正することなどで14日に合意した。