【ワシントン、モスクワ共同】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は19日、訪問先のアイスランドの首都レイキャビクで会談し、対立が続く米ロ関係の安定化に向けて協議した。米国務省とラブロフ氏が会談後に明らかにした。6月に見込むバイデン米大統領とロシアのプーチン大統領による首脳会談実現に向けた調整も進めたとみられる。

 バイデン政権発足後、両氏の対面協議は初めてで、1時間半以上会談した。国務省は発表で首脳会談に触れなかった。ラブロフ氏は会談後、それぞれが会談結果を双方の大統領に報告し「両大統領が関係改善の今後の道筋を決定する」と述べた。