【ロンドン共同】英政府は19日、新型コロナウイルスワクチンを通常の2回ではなく3回接種する効果を調べる臨床試験(治験)を実施すると発表した。英国では秋ごろ、高齢者らに3回目の追加投与をすることが検討されており、治験結果を参考に使用するワクチンを決めるとみられる。

 政府によると、追加接種の効果を調べる治験は世界で初めて。英国内で実用化されている英アストラゼネカ製、米ファイザー製、米モデルナ製に加え、未承認や開発中の計7種類を使う。

 参加者は成人約3千人を予定し、追加接種による予防効果や副反応を調べる。1回分ではなく、半分を追加投与した場合の効果も確認予定。