【ロンドン共同】来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリングの混合ダブルス世界選手権第3日は19日、英国のアバディーンで行われ、1次リーグB組で吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ)松村雄太(コンサドーレ)組の日本は中国を8―6で下し、3勝2敗とした。

 3―3の第4エンドに3点を奪うと、不利な先攻の第5、6エンドにも1点ずつを加えた。