気象庁は2日、熊本県の阿蘇山の噴火警戒レベルを、1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げた。火山活動が高まっているとして、中岳第1火口からおおむね1キロの範囲で、噴火に伴う大きな噴石に注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、2日午後9時ごろから火山性微動の振幅が増大した。火砕流や火山ガスなどにも警戒を求めている。