飛び込み男子の坂井丞が2日、喉の痛みを訴えて東京アクアティクスセンターで行われているワールドカップ(W杯)を棄権した。日本水連によると、新型コロナの抗原検査、PCR検査ともに陰性だった。寺内健と組んでシンクロ板飛び込みに出場予定だった。

 坂井は午前7時ごろ、会場を訪れた際に異変を申し出た。体温は36・9度で、へんとう炎と診断された。薬の処方を受け、宿舎に戻った。

 大会は厳格なコロナ対策のもと開催されており、選手には原則として連日、ウイルス検査を実施。坂井はこれまで4度の検査で全て陰性という。寺内、坂井組は一昨年の世界選手権で東京五輪代表に決まっている。