【北京共同】中国海軍は2日、中国の空母「山東」の部隊が南シナ海で訓練を実施したと発表した。中国は南シナ海の広い範囲で領有権などを主張しており、海軍報道官は「国家の主権を守る能力を向上させる」と強調した。対中圧力を強める米国をけん制する狙いとみられる。

 訓練は最近行ったとしている。報道官は「年間計画に基づく定例訓練であり、完全に正当で合法的だ」と指摘した。「今後も常態的に同様の訓練をする」とも述べた。

 「訓練は地域の安定に寄与するもので、外界が客観的、理性的に捉えるよう望む」としており、米国の反発を想定しているとみられる。