【ワシントン共同】米税関・国境警備局(CBP)が、中国新疆ウイグル自治区産の綿製品を巡る輸入禁止措置に違反したとして、ファーストリテイリングが展開する衣料品店「ユニクロ」の男性用シャツの輸入を1月に差し止めていたことが19日分かった。税関が発表した。

 今月10日付の税関の文書によると、西部カリフォルニア州内の税関が1月5日、自治区内に拠点を置き、米国が制裁対象とする「新疆生産建設兵団」が原料綿の生産に関与した疑いがあるとして製品を押収した。

 ユニクロ側は原料が中国国外で生産されていると反論したが、CBPは退けた。