世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)=Ambition=が昨年12月の試合で受けたドーピング検査について、日本ボクシングコミッション(JBC)は19日、違反は認められず、処分を下さないと発表した。第三者による倫理委員会の答申を受け、同日のJBC理事会で決定した。

 試合前に採取された尿のA検体が、ことし1月の簡易検査で大麻成分に陽性反応を示した。後に行ったB検体の検査は不検出で、偽陽性の可能性が高いとされた。

 倫理委は「禁止物質が存在したと認定することは困難」と結論付け、JBCの検体の保管に手続き上の不備があると指摘した。