【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手アマゾン・コムが、人気スパイ映画「007」シリーズの製作で知られる映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の買収に向け交渉していることが18日までに明らかになった。複数の欧米メディアが報じた。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、MGM側が数カ月にわたって売却を模索していた。アマゾンは、動画配信なども定額料金で利用できる「アマゾンプライム」と呼ばれるサービスの会員獲得が成長の源泉となっている。MGMの買収が実現すれば、動画配信のコンテンツ拡充などにつながるとみられる。