【ワシントン共同】バイデン米大統領は17日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談し、同国とパレスチナ側との戦闘が激化していることに関して「停戦を支持する」との立場を伝えた。ホワイトハウスが発表した。イスラエル側の反応は不明。バイデン氏が今回の戦闘で停戦に言及したのは初めて。ただ明確な攻撃停止要求は避け、期待を示すにとどめた。

 バイデン氏は電話会談で、イスラエルに「罪のない市民を守るために全ての策を取る」ことを促し、米国が沈静化に向けてエジプトなどと外交努力を行っていると説明した。