【ワシントン共同】バイデン米大統領は17日、演説し、米国で実用化されているファイザー製などの新型コロナのワクチン少なくとも2千万回分を、6月末までに必要とする各国に提供すると表明した。4月下旬には米国で使用許可が出ていない英アストラゼネカ製6千万回分の提供を決めており、他国に送るのは計8千万回分となる。

 米国は国内での供給を優先し、自国産ワクチンを輸出に回さず囲い込んでいると批判の声が上がっていた。バイデン氏は演説で、米国のワクチン提供について「他のどの国よりも多い量だ」とし、国際貢献を強調した。ホワイトハウスは具体的な提供先を近く公表するとしている。