首都圏4都県と関西3府県を対象に、自衛隊が運営し24日から東京、大阪に開設する高齢者向け新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターの予約受け付けが17日始まった。東京会場は午前11時ごろ、大阪会場は午後1時ごろ、いずれも予定通り始まった。防衛省ホームページや通信アプリのLINE(ライン)から専用ページに入る。アクセス集中によるシステム障害を防ぐため、開始当初は東京23区と大阪市の住民に限定した。

 ワクチン接種を始めた自治体では、システムの障害や電話がパンク状態となるトラブルが続出している。スムーズな予約処理ができるかどうかが課題だ。