広島が追い付いて九回引き分け。2―3の八回2死一、二塁で、四回に適時打を放っていた西川が左前へ同点打を運んだ。拙攻続きだったDeNAは七回にソトの3点本塁打で試合をひっくり返したが、八回に山崎がつかまった。