バスケットボール男子のBリーグ王者を決めるプレーオフのチャンピオンシップは15日、宇都宮市体育館などで2戦先勝方式の準々決勝4試合が行われ、宇都宮はSR渋谷との第2戦に111―74で快勝し、2連勝で準決勝進出を決めた。

 初優勝を狙う千葉は三河との第1戦を105―76で制した。琉球は富山を92―75で、川崎は大阪を95―75で下し、ともに白星発進した。