【北京共同】中国国家宇宙局は15日、火星着陸に成功した無人探査機「天問1号」の着陸地周辺の画像撮影や、探査車の走行に向けた準備を進めた。習近平国家主席は宇宙開発部門の関係者に祝電を送り「中国は惑星探査の分野で世界の先頭集団に入った」と述べた。

 国営通信の新華社などによると、着陸機に搭載されている探査車「祝融」が周囲の画像を撮影し、地球に送信する。さらに各種機能を点検し、約1週間後をめどに着陸機から離脱。火星表面を走行して地質や気候などを調べる。6輪構造で、太陽電池を備えて3カ月ほど作動する。