【ボストン共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平が疲労の蓄積を考慮され、次回先発は最短でも19日(日本時間20日)の本拠地アナハイムでのインディアンス戦に先送りとなった。当初は18日(同19日)の同カードの予定だった。マドン監督が14日、ボストンでのレッドソックス戦の際に公表した。

 前回の11日は投打同時出場した上、降板後に右翼守備に就く“三刀流”でフル出場した。今回の措置は故障やまめの影響ではなく、最長で21日(同22日)の本拠地でのアスレチックス戦に延期する可能性があるという。