ラグビー、トップリーグの日本選手権を兼ねたプレーオフトーナメント準決勝に臨む3チームが13日、オンラインで取材に応じ、初優勝を目指すクボタの立川主将は、16日のサントリー戦へ「全員で勝っていきたい」と闘志を燃やした。

 相手に新型コロナ陽性者が判明して準々決勝が中止となったサントリー。ヘイグ監督は、準々決勝で神戸製鋼を撃破したクボタの多彩な攻撃を警戒し「簡単な試合には絶対にならないので、100パーセントを出したい」と意気込んだ。

 15日にパナソニックと対戦するトヨタ自動車のリードは「今回の試合は非常に楽しみ。次の決勝につなげたい」と気持ちを高ぶらせた。