中日は四回に木下拓、小笠原の適時打で2点を先制。五、六回もビシエドの2ランなどで計5点を加えた。7―6の九回は大島が2点三塁打を放った。小笠原は六回途中3失点で2勝目。巨人は投手陣が崩れ、後半の猛反撃も及ばず。