乗客の60代男性が新型コロナウイルスに感染したクルーズ船「飛鳥2」が1日、横浜港大さん橋(横浜市中区)に到着した。男性と濃厚接触者となる家族の女性は船から下り、東京都内に向かった。他の乗客らに症状は確認されておらず、順次、下船した。

 運航会社の「郵船クルーズ」の坂本深社長は、報道陣の取材に応じ「ご迷惑を掛け申し訳ない」と謝罪した。

 市や郵船クルーズによると、飛鳥2の乗客乗員は計約720人で4月29日に横浜港を出発。乗客は全員、出港の1週間前にPCR検査を受け、陰性だった。30日午後に乗船直前に実施した検査の結果が出て、男性の陽性が判明した。