【ニューヨーク共同】来年の北京冬季五輪出場枠が懸かるカーリング女子世界選手権は4月30日、カルガリーで開幕し、日本代表の北海道銀行は1次リーグ初戦でデンマークを9―4と下したが、第2戦はスコットランドに5―10で敗れて1勝1敗となった。

 14チームが1回戦総当たりの1次リーグを行い、上位2チームが準決勝へ、3~6位が準決勝進出を争うプレーオフへ進む。1次リーグを突破した6チームが北京五輪出場枠を獲得する。

 大会は新型コロナウイルス対策として、外部との接触を遮断する「バブル」方式で実施される。