千葉県市原市の住宅で親子が刺され、父親が死亡、息子もけがを負った事件で、県警市原署は1日、息子を刃物で刺したとして、殺人未遂の疑いで、同市の自称配管工内藤昌弘容疑者(41)を逮捕した。内藤容疑者は父子の親戚とみられ、署は詳しい関係や経緯を調べている。

 逮捕容疑は、4月30日午後2時55分ごろ、同市の住宅で、40代ぐらいの男性の胸を包丁のようなもので刺すなどして殺害しようとした疑い。署によると容疑を認めている。今後、男性の父親への殺人容疑でも捜査する方針。

 「父親が親戚にナイフで刺された」と男性から110番があった。