【ニューヨーク共同】カナダ・オリンピック委員会(COC)の医療担当責任者は、東京五輪に参加する同国選手団が開幕までに新型コロナウイルスのワクチンを接種する予定であることを明らかにした。4月30日、ロイター通信が報じた。カナダ国内では7月までにワクチンが国民の希望者全員に行き渡る見通しのため。

 通常約千人の選手団の規模は新型コロナの影響で750~850人になるという。

 東京五輪に参加する海外の選手団では韓国が集団での接種を開始し、米国オリンピック・パラリンピック委員会も、開幕前に接種を完了する見込みであるとしている。