【バンコク共同】ミャンマーの貧困率が、国軍によるクーデターと新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、2022年初めに48・2%まで悪化するとの報告書を国連開発計画(UNDP)が1日までに発表した。国民の約半数に当たる2500万人が貧困に直面する可能性がある。

 UNDPによると、これは軍政下にあった05年と同水準。17年の貧困率は24・8%まで改善していたが、新型コロナの影響で20年末までに貧困率が推定で11ポイント増加。今年2月のクーデターによる情勢不安などもあり、来年初めまでにさらに12ポイント悪化する可能性がある。