【ワシントン共同】米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は4月30日、中国が台湾への軍事圧力を強めていることについて「習近平国家主席は台湾への圧力強化を外交政策の核に据えた」と分析した上で、台湾の防衛能力強化に向けた支援を続ける考えを強調した。「一方的な現状変更には反対する」と述べ、改めて中国をけん制した。

 米シンクタンク、アスペン研究所のイベントで語った。サリバン氏は、習氏が「中国の長期的な威信や安定には圧力強化が不可欠と考えたのだろう」と指摘。台湾海峡の安定を求める米国の考えを中国、台湾双方に伝えたと説明した。