九州で人気のアイス「ブラックモンブラン」を手掛ける竹下製菓(佐賀県小城市)が埼玉県のアイス製造会社を昨年買収、県外初の製造拠点を設け、関東に広がる大都市圏で販路拡大に乗り出している。九州で相次ぐ自然災害に備えた工場分散化が主目的だが、“ブラモン愛”が強い在京の九州出身者は「東京でも身近に」と歓喜する。

 アルプスの最高峰モンブランを眺めた先代会長が「この白い雪山にチョコをかけたら、さぞおいしかろう」と考え、約半世紀前に生まれた同製品。あっさりしたバニラアイスがまとったチョコとクッキークランチの食感が人気で同社売り上げの約半分を占める看板商品となっている。