新型コロナウイルス感染症に伴う外出自粛で伸びたひげを、早く簡単に処理したい―。世の男性の願望をかなえて人気を得ようと、6枚刃の電気シェーバー商戦が熱を帯びている。マクセル(京都府大山崎町)が5枚刃の従来製品より効率的にそれるとして昨年8月発売し、パナソニックは同社初の6枚刃シェーバーを今年6月6日に投入する。

 パナソニックが4月5~6日にインターネット上で実施した調査では、ステイホーム中にコロナ禍前と比べひげをそる頻度が減った人は75・1%に達した。1日1回そる人が18%減少した一方、3日に1回のペースでしかそらない人はコロナ前の2・1倍となった。