楽天は四回に渡辺佳の適時内野安打で先制したが、直後の五回に周東の適時打で追い付かれた。その後は八回1死一、二塁で茂木が遊ゴロ併殺打、ソフトバンクも九回2死満塁で代打長谷川が空振り三振と好機を生かせず引き分けた。