【ロサンゼルス共同】米動画配信大手ネットフリックスは8日、映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの作品を劇場公開後に米国で配信する複数年の独占契約で合意したと発表した。2022年以降の作品が対象で、「スパイダーマン」シリーズの新作なども配信する予定。

 契約金額は公表していないが、ウォールストリート・ジャーナル紙は関係者の話として、契約期間は5年で総額10億ドル(約1100億円)超の可能性があると伝えた。

 ネットフリックスは声明で「先進的な合意を通じ、ソニー・ピクチャーズとの関係を拡大できることに興奮している」と強調した。