大分県警別府署は9日、住宅の玄関の戸を殴って壊したとして、器物損壊容疑で大分南署地域課の巡査部長加藤明久容疑者(59)=別府市=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は9日午前6時20分ごろ、別府市の男性(65)宅で、玄関の戸を外側から拳で殴って壊した疑い。

 別府署によると直前、大声を出しながら道を歩いていた。様子を見に外に出たこの家の住人に「何見よんのか」と声を掛け、住人が家に戻った後に戸を殴ったという。

 大分南署によると、約1週間前から休みを取っていた。崎尾敬署長は「警察官が逮捕されることとなり、県民に深くおわび申し上げる」とコメントした。