東京五輪・パラリンピックに出場する日本選手を対象にした新型コロナウイルスワクチンの優先接種に関して、丸川珠代五輪相は9日の閣議後の記者会見で「全く検討していない。現時点ではもちろん、これから先も具体的な検討を行う予定はない。今のところ、ワクチンを前提にしない大会の準備をしている」と否定的な考えを示した。

 また、コロナ対策経費などを理由に国際水泳連盟が、テスト大会二つを含めた日本開催の東京五輪最終予選3大会を一時中止する意向を示したことを念頭に「テストイベントでも基金を使っていただくことで考えている」と言及した。