ヤクルトが乱打戦を制し、勝率を5割に戻した。4―5の三回に西浦、松本友の連続適時打で逆転。四回以降も山崎の1号ソロなどでリードを広げた。奥川が5回5失点でプロ初勝利。広島は一回に4点を先制しながら投手陣が崩れた。