不動産大手の東京建物は8日、大阪市北区の堂島地区で地上49階建て(高さ195メートル)の高層複合ビルの建設計画を発表した。外資系高級ホテル「フォーシーズンズホテル」が入居して大阪市内に初進出するほか、富裕層向けのマンション部分を設ける。大阪・関西万博直前の2024年の完成を予定している。

 堂島地区はJR大阪駅から徒歩圏内。建設計画ではフォーシーズンズホテルが1~2階と28~37階を使用する。客室数は178室で、高級レストランやバーなども入る。富裕層向けのマンションは総戸数466戸。最上階に全居住者が利用可能なラウンジやパーティールームを設ける。