米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁は7日、敵地フロリダ州オーランドでのマジック戦で右肩の張りから3試合ぶりに復帰し、先発で30分27秒プレーし9得点、7リバウンドをマークした。自己最長を記録していた連続2桁得点は11試合で止まった。チームは131―116で勝って連敗を4で止め、18勝32敗となった。(ロサンゼルス共同)