【ニューヨーク共同】7日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はもみ合う展開となり、午前10時現在、前日比23・03ドル高の3万3453・27ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は15・96ポイント安の1万3682・42。

 新型コロナウイルスのワクチン普及に弾みがつき、米国の経済活動が想定より早く正常化するとの見方から買いが先行した。一方、景気過熱による物価急上昇を警戒した売りも出た。