日本医師会の中川俊男会長は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者数が急増している首都圏や関西の状況について「次の緊急事態宣言が発令されるかどうか、ぎりぎりの段階だ」と強い危機感を示した。

 中川氏は、2度目の緊急事態宣言が大阪府などで2月末に解除されたことに関し「早かったのではないか」と指摘。「3週間先行して解除した関西がこのような状況では、1都3県が近々そうなるという心配は当然ある」と述べた。

 現在は宮城、大阪、兵庫の3府県に適用されている「まん延防止等重点措置」は、対象範囲を広げていくべきだとした。