7日の東京株式市場で東芝株は急伸した。終値は前日比700円(18・3%)高の4530円。英投資ファンドが東芝に買収を提案したことを受け買い注文が殺到した。

 ファンドによる株式公開買い付け(TOB)が実施されれば、高く買い取られるとの思惑から買いが膨らんだ。売りはほとんど出ず、ストップ高水準の買い気配で終日張り付いた。取引終了とともに一部の売買成立を認める配分が行われた。市場では「まだ観測だけなので、さらに株価が上がるかは不透明だ」との声が聞かれた。