西武は7日、メットライフドームで27日から5月23日まで行われる12試合の入場者数の上限を収容人数の約50%に当たる約1万4千人に引き上げると発表した。

 新型コロナウイルス感染防止のために政府の方針に従って段階的に制限を緩和しており、当初は上限5千人で販売したが、開幕戦から1万人に引き上げている。