7日の東京株式市場で、英投資ファンドから買収提案を受けた東芝株に買い注文が殺到し、売買が成立しないままストップ高水準の買い気配で推移した。

 株式公開買い付け(TOB)が実施された場合に高く売ることを狙った買いが集まった。市場関係者は「東芝は国のインフラ産業に携わっているため、すんなり買収されるのかは不透明だが、ひとまず株を確保しておこうという動きが起きた」と話した。