【ニューヨーク共同】米国野球連盟は6日、マイク・ソーシア氏(62)が東京五輪を目指す代表の監督に就任したと発表した。大谷翔平が大リーグデビューした2018年にエンゼルスを率いていた。6月にフロリダ州で行われる五輪の米大陸予選で指揮を執る。同予選にはドミニカ共和国、プエルトリコなど8カ国・地域が参加し、1位が出場権を得る。

 ソーシア氏は「この国で育ったなら誰でも五輪に挑む機会をもらえることは特別だ。まずはフロリダでの予選に集中したい」と話した。

 2000年から19年にわたりエンゼルスの指揮を執り、02年には球団史上初のワールドシリーズ制覇に導いた。