【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比96・95ドル安の3万3430・24ドルで取引を終えた。前日に370ドル超上昇して過去最高値を更新したことを受け、利益確定売りが優勢となった。

 バイデン米政権が打ち出した巨額インフラ投資計画を巡り、景気過熱によるインフレを警戒した売りも出た。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、7・21ポイント安の1万3698・38。