第一生命保険は7日、全国の新型コロナウイルスの感染動向によって保険料が変動する「特定感染症保険」を9日から発売すると明らかにした。コロナに感染した場合に入院などの出費や収入保障に充てる給付金が出る商品は既に販売されているが、保険料が変わる商品は生保業界で初めてという。

 コロナなど特定の感染症にかかったと医師に診断されると一律10万円を受け取れる。保険料の支払いは3カ月に1度で、当初は980円だが感染状況に応じて毎月見直す。感染者が急増した場合は保険料を最大2270円まで引き上げる。