【ジュネーブ共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は6日、北朝鮮のパラリンピック委員会から8月24日開幕の東京パラリンピックに参加しないと伝えられたことを明らかにした。北朝鮮は新型コロナウイルス感染症から選手を守るとの理由で、6日に東京五輪への不参加を発表した。

 IPCは「大会組織委員会、国際オリンピック委員会(IOC)、日本政府、東京都と緊密に連携し、安全で安心な大会を実現するために取り組んでいる」と感染予防策の徹底を強調した。