【ロンドン共同】スイス金融大手クレディ・スイスは6日、米ヘッジファンドとの取引に伴い44億スイス・フラン(約5200億円)の損失が生じると発表した。米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメント関連とみられる。2021年1~3月期決算で、税引き前損益が9億スイス・フランの赤字になる見通しという。

 アルケゴス関連とみられる取引を巡っては、野村ホールディングスと三菱UFJ証券ホールディングスもそれぞれ20億ドル(約2200億円)規模と2億7千万ドル規模の損失を被る可能性があるとしていた。