広島の森下が緩急を使って6安打2四球で今季初完封を飾り、2勝目を挙げた。打線は六回に西川の3号ソロで先制し、七回は堂林の中前適時打で加点した。ヤクルトは6回1失点と好投したスアレスを援護できなかった。