半導体大手ルネサスエレクトロニクスが那珂工場(茨城県ひたちなか市)の火災を受け、自動車向け半導体などを西条工場(愛媛県西条市)で代替生産する方針を固めたことが6日、分かった。

 ルネサスは代替生産がない場合、火災前水準の出荷量への復旧には火災発生の3月19日から3カ月余り(100日前後)かかるとみている。代替生産で復旧を若干早められるという。

 西条工場での代替生産とは別に、台湾の大手メーカーに生産を委託する調整も進めている。ルネサスは自動車向けで高いシェアを持っており、那珂工場は主力工場。