北朝鮮のオリンピック委員会が東京五輪不参加を6日に表明したことを受け、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は東京都内で取材に応じ、全ての国・地域の参加を望んでいたとして「決断を残念に思っている」と述べた。

 北朝鮮は不参加の理由に、新型コロナウイルスからの選手の保護を挙げた。山下会長は「世界的に見れば落ち着いている状況」と日本の現状を説明した上で「不安に感じるところはあるかもしれない」とも語った。

 卓球は既に女子の団体とシングルスの出場枠を獲得済みで、日本協会の宮崎義仁強化本部長は「強いライバルが来ないのはさみしい」とコメントした。