名古屋市の河村たかし市長は6日、大村秀章愛知県知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造問題を巡り、自身の事務所による独自調査の中間報告を公表し、昨年10月上旬に署名偽造に向けて会合が開かれて不正に着手した、との情報を得たと主張した。

 河村氏は「私の事務所関係者は不正に一切関わっていない」と強調。河村氏の事務所によると、スタッフはこの会合に参加していないという。

 中間報告は、署名偽造に使われた名簿は、リコールの会事務局関係者が東京に行って購入したことも、関係者への聞き取りによって判明したと指摘した。